似非幸福からの逃避

人間業界

似非幸福に浸りながら悟りを開くってかなり難しい話です。全体の代替品にどっぷり浸かりながら、、悟るって無理があります。代替品は代替品です、その代替品を楽しみながら、、本品を発見するって無理があるんです。だから禁欲とかの話になるんですが、、、本品を求める衝動が大きい時、、代替品を避けるという動きが起こります。

頭で考えて

頭で考えて、、全欲望を禁じて悟ろう!!!!これは恐らく不可能です。これはただの禁欲であり、、本品を求める衝動が代替品を求める衝動を上回るのとはわけが違います。東大に合格したくて、、完全にTVゲームに関心が無くなるのと、、、頭で考えてTVゲームを止めるのとでは意味が違うのです。

砂遊びからの卒業

全体への欲求が高まる時、、自然とそれ以外の欲求が消えていきます。中途半端に目の前にお菓子を置くよりもその欲求が無いのならば置かないという動きが起こります。このマリオゲームでは周囲は基本一切成長しませんから、、、、気づきに応じて似非幸福を避ける動きが起こります。

似非の幸福

だったら壊す

ミュージシャン成功のまさにその瞬間、脱退、解散って本当に本当に多いと思いませんか??????ようやく成し遂げた武道館ライブ、、そのまさに瞬間、解散、脱退、、、、多くないですか???????何が起こっているのか???????これ似非の幸福からの逃避です。似非の幸福が完成することで、、、、これで幸福じゃないのだから、、、逃げんべ!!!!です。

何もない

解散ライブ、、、、、、大物ミュージシャンの解散ライブ、、、、解散して、、、逆にホッとしている。似非の幸福に浸っているほど苦しいものはない。。。。。。。だったらぶっ壊して世間的にはゼロになり、、、、そのゼロの苦しみの方が真実に近い感じがする。。。。。本当の幸福がその奥にある気がするのです。本当の幸福を探す時似非の幸福が邪魔になるのです。

誰も間違っていない

ファンの気持ちを考えないで、、なんで解散??????ふざけんな!!!!!!あるでしょう、、そういう気持ちは。。。。。ですが誰もその決断には関わっていません。。。。誰も彼も関わっていないのです。ただただ自然現象としてそれが起こりました。だから本当に勉強になるのです、、、、武道館ライブ解散コンサートは。

依存症

当たり前

依存というのが人間業界では当たり前に起こるのは当然です。なぜならば人間とは「牢獄」でありよって一瞬でもその牢獄から出してくれる「アイテム」に齧り付きたいというのは自然現象としては当然なのです。そしてなぜそのような依存アイテムが登場するかと言えば、、、それが自然現象として起こったからです。「牢獄に住む人間」が居て「一瞬そこから出してくれるアイテム」があれば自然現象として依存が起こるのです。

気づいてくると

依存アイテムとは一瞬牢獄から出してくれるに過ぎず、、、使えば使うほどに、、「欲しくなる」というこの事実に気づくと「逆に苦しくなる」という気づきの思考が起こります。その時、、、、それを辞めよう、、、という思考が現れ、、、そして止める、、、が起こる可能性があります。依存症とはそのメカニズムに気づくことで、、「逆に苦しくなるよね」と気づくツールでもあるのです。

私は悟ったというイメージ

次から次へ

一瞥体験とは「私は悟ったというイメージ」を起こすような体験が起こることです。その体験があまりに強烈だから、、、「私は悟った」という思考が湧き続け、、、それが忘れられない、、、という思考が起こります。ですが、、、、その思考と、、、悟りとは全く関係がないがゆえに、、、「またあの体験がしたい」という思考が新たに起こるのです。その思考は不快であり、分離感であり、孤独感であり無力感を伴うがゆえに、、苦しみが起こります。

なぜ????????

なぜ??????なぜあんな素晴らしい体験をした私が今なぜ苦しいのか????????と迷いの中に入っていきますが、、、真実を言ってしまえば、、、、その気づきは、、悟りではないからです。悟りとは、、まさにその思考、、その思考がなぜ苦しみを作りかに気づくことだからです。つまり悟りとは「迷いがゼロ」のことであり、、、どうやったらあの体験をまたできるか??????と悩んでいる時点でその気づきには至っていないのです。

思考

悟りの鍵は「体験」ではないんです。。。。。。思考が起こす「苦しみ」に気づくことです。思考がどのように苦しみを作り出すかに気づくことであり「至高体験」でその気づきに至らないならば、、、当たり前ですがまた思考が作り出す孤独感、分離感、無力感、非力感、悲壮感に苦しむのです。金メダルを獲得したから一生悩まない、、、と言っているのと何も変わらないのです、一瞥体験とは。

ただし

その一瞥体験も当たり前ですが自然現象ですから、、それが良いとか悪いとかは一切ありません。誰かがこれを起こしたということも全くなく、、、ただ自然と自然現象が起こったのです。そういう意味では宝くじに当たって一瞬至高を味わった、、、と全く全く同じことです。これが、これこそが「無」だ!!!!という体験がただ起こったのです。

生存戦略

自然現象

人間の生存戦略は自然現象です。どのような生存戦略であっても個々の置かれた環境によって自然現象的に最適な戦略が構築されます。そこには一切の自由意志は働きません。その生存戦略は個々によって全く異なるがために人間関係は常に波乱に満ちるのです。社会に出ると生まれた年代によって生存戦略が異なりますから益々混乱さを深めていくのです。ここで最重要なこと、どの生存戦略も自然現象に過ぎないということです。

優劣は一切ない

大人は若者の生存戦略を嘲笑い、馬鹿にして、、優位に立ったような気持ちになりますが、、、、時代が異なればそこから生まれる生存戦略は変わるのは当然であり、、優劣がないのは自明です。かといって若者よりも大人の生存戦略が勝ることもなく、、、優劣が発生しないのです。

批判も自然現象

生存戦略Aと生存戦略Bが合わされば、、あらゆる感情、思考が現れでますが、、、それも自然現象です。放っておけばいいのです。お互いからあらゆる感情、判断が起こるでしょうが、、、それこそが自然現象です。何も問題はありません。ですがその判断は苦しみという自然現象を含みますから、、、そこに自覚的になればいいいのです。そこに自覚という自然現象が起こった時、、、判断という自然現象がやがて起こりにくくなります。

苦しみはストーリーからしか生まれない

悟りはストーリーからしか起こり得ない

悟りという言葉をもしも動物が理解できたとしても意味が全く分からないでしょう。動物は「悟り」という言葉の意味は分かった、、だが悟りを必要とする意味が分からないのです。なぜか??????彼らには悟りを必要とするストーリーがないからです。「私の人生」という概念がない彼らには「苦しみ」がありません、よって悟りを必要とする意味が分からないのです。

つまり

悟りとは「人間業界」でしか必要とされない単語なんです。人間業界=私物語であり、、悟りは私物語の中でしか必要とされないのです。なぜならば悟り=苦しみからの解放だからです。苦しみとは、、まだ私物語の中に居る証拠であり、、、だからそこから悟りに入れるのです。苦しみは悟りを促す自然現象なのです。

大人

大人が若者よりも落ち着いているのは「苦しみ」が指し示す先に慣れているのです。苦しみは全員に完全完璧に訪れます、、、ですから苦しみは「向き合う」以外には解消しません、、大人とはこの「苦しみ」と付き合ってきた年月が長いがゆえに、、苦しみが指し示す先への気づきがあるのです。若者は「苦しみ」を代替品で隠すという術をまだ保持していますから、、、「苦しみ」がそこにあることすらも、、気づかないフリをしています。大人は「苦しみ」に蓋をするという手段を諦め、、そこといかに付き合うかという段階に居るのです。釈迦は「苦しみ」を直視し「苦しみ」の奥にある、、、何かに気づきました。

ポジティブ?????

ない

ポジティブシンキングもネガティブシンキングも両方ともに自然現象です、、、自然現象である限り、、、、、なんでも出ます、、、、、、疲れればネガティブよりに、、元気ならばポジティブよりに、、、出るでしょうが、、、どちらも自然現象です。何も問題はないのです。ですがポジティブは善、ネガティブは悪という風潮があるのは事実です。その風潮も勿論自然現象ですから何も問題はありませんがその風潮は苦しみの自然現象です。

私らしくない

ネガティブな考え方は「私らしくない」これも自然現象です、、、だから何も問題はありません、、、ですが、、ネガティブな考え方を否定しようとも、、自然現象としてネガティブな考え方は湧きますから、、そのことで「苦しむ」という自然現象が起こります。それも事実です。だからネガティブな考え方を強烈に避けるという自然現象が起これば、、、苦しむという自然現象が起こります。

動物

動物には判断というのがありません、、、全自然現象に完全に身を委ねていますから、、、、、、昨年よりも今年の方が良い年だ、、、一昨年は最悪だった、、、という判断が起こらないのです。だから楽です、、、これが事実です。全現象を自然現象と捉える?????気づくと、、、、もう楽しかないんです。その中でどんな思考、行動、感情が起ころうとも、、、、自然現象です。この気づきが起こると、、思考が湧かないという自然現象が起こります。

数学

答え

1+1=2が正解、、、3は間違い、、4も間違い、、、5も間違い、、、、、これが学校教育です。この教育を受けることで我々は、、、問いには正解と不正解があると学びます。だから生き方にも正解と不正解があると勘違いするのです。そしてどこかでその正解の生き方を教えてくれるのでは?????とあらゆる門を叩きます。

本当の答え

1+1=2が正解、、、3は間違い、、4も間違い、、、5も間違い、、、ですがですが、、、2という数字も、3も4も5も、、、、、自然現象という意味では全て正解です。どの答えも出た時点で自然現象、、自然現象に誤りはないのです。だから、、、、何を答えても問題ではありません。ただし社会で生きるには社会的「正解」は確実に存在します、、、とはいえそれに合わせれない「答え」が出ても、、それも自然現象ですから、、何も問題はないのです。

社会的正解

社会には社会的正解があってその正解を守れるか守れないかを「判断」の道具にします。ですが、、、社会的正解も社会的不正解も自然現象という意味では、、全部正解なのです。だから何も問題ではないのです。そして社会的正解を出せなくて見つけれなくて守れなくて苦しくてもそれも自然現象という意味では全部大正解なのです。

最終回答

真逆

我々は学校で真実とは真逆の教えを教わってきました。生きるには「正解」があってその正解に沿って生きるとことが「正解」だと。だから知識をしっかりと多く覚えた人間は優秀で覚えれない人間は劣る。そう教わってきたんです。ですが実際には「正解」は一切なく、、、全ては全ては自然現象だったのです。自然現象に「正解」はありますか????????全てが正解です。

学校教育すらも

そういう意味では学校教育も、、、全て自然現象です。ですからそれも何も問題はありません。勿論、、、学校教育に沿って生きている期間は「苦しい」ですがそれも自然現象です。だから何も問題はないのです。ただ苦しい時、、、それを解消したいという自然現象が起こります、、、、そしてその解決方法を知りたいという自然現象が起こります、、その時この「最終回答」に気づくという自然現象が起こるのです。

三人集まれば

でも家族が形成されればルールが必要になり、、、正解不正解はやっぱり出来ますよね????????出来ません、、、家族内のルールという自然現象が起こります。そして見た目上は「これをやるな」という自然現象が起こります。そしてそれを守る、守れないという自然現象が起こります。もしもそれを守れなかったとしてもそれが自然現象です。そのことで悩むということが起こってもそれも自然現象です。だからだから結局は全部「正解」で終わります。

放っておけ

全て

私たちは実は全部を放っていけばいいのです。全部です、、、見た目上はあらゆる問題が起こります、、、ですが全部放っておいて大丈夫です。本質的な部分では何も問題は起こりません。何も。例えば会社を首になり親も体調が悪く子供も不登校だ、、それでも放っておけばいいのですか??????はい、何も問題は起こっていません、実は。全ては全ては自然現象です、自然現象に問題は何もないのです。

とはいえ、、頭の中は常にグルグルです

そうですか、、その「頭の中のグルグル」、、、これが問題だと思っているわけですね????それも何も問題はないのです。それも自然現象です。だから、、、それも放っておいてください。全思考、全感情、全行動が自然現象です。だから何も問題は起こらないのです。

それが分かってくると

それが本当に本当に分かってくると、、、思考が全く湧いてこなくなります。だって全部が自然現象であるという気づきの中で思考が湧きますか??????公園に行けばあらゆる植物があらゆる育ち方をしています、、それを見て思考が湧きますか?????湧きませんよね??????そうです、、湧くわけがないんです、、そして仮に仮に思考がグルグル回ってもそれも自然現象ですから問題は何もないのです。