受動意織仮説

前野隆司

脳科学者の前野隆司さんは脳科学の観点から自我の不在を発見しました。自我とは左脳が作り出した捏造であるという発見です。当初はこれを錯覚と表現していましたが錯覚とは違ったように感じることであり、、自我とは存在しないのですから錯覚ではなく捏造であるということです。左脳は行動の前に思考を作り出すわけですが、、この動きは脳の運動野の動きの後に起こることに気づきました。本来は左脳の動きがあってその後に運動野の動きが起こり、その後に行動が起こるはずが、、運動野の動きが最初であるということです。つまり既に無意識化で動くことが決まっていてその後に思考が現れるのです。

覚者

覚者はそのことを既に分かっており、、全ての思考は自然現象的に現れるのだと説きます。体の動きも自然現象、思考の動きも自然現象ならば、、、そこにはそれをコントロールしているはずの自我は存在しません。このことに脳科学の実験から実証したのが前野隆二さんです。「スタバに行こう!!」という思考は「スタバに行く」という運動野の動きの後に起こるのですから、、この思考はやはり自然現象に近いのです。

エピソード記憶

脳にはエピソード記憶がありそのエピソード記憶によって左脳が作り出したストーリーが蓄積されていきます。このエピソード記憶から、、次に次に思考が現れては消えていき、、なぜそのような行動をしたかが書き換えられていくのです。私は今日これとあれとあのことをやった、、という思考はこのエピソード記憶から起こるのです。実際には全ては左脳が作り出した捏造であって、、そのような事実は一切起こってはいないのです。

事実

事実では、、主体が存在しない経験だけが起こっています。その経験が起こる前、起こった後に左脳から捏造された思考が起こり、、その思考のままに認識が起こる時、、、エピソードが追加されていくのです。このエピソードを真実であると捉える思考がさらに起こることで人間業界は成り立っています。その事実を受け入れた時湧いてくる思考を深刻に捉えなくなるという事実が起こるかもしれません。

バタ足ノンデュアリティ

金森将

今ノンデュアリティのメッセンジャーで最も注目されているのがこの方です。この方のメッセージの特徴は悟り用語を完全に廃して悟りを伝えるということです。悟りとは言葉ではありません、悟りとは概念でもありません、ですが人が人に何かを伝える時、、言葉が使われます。だから我々は「常に何かを理解する」=「言葉による理解」と勘違いするのです。

実感

金森さんは常に常に「実感」を説きます。自分なんてものはどこにも居ないから実感してみてください、コーヒーを味わう時自分なんて本当に居ますか????????パスタを食べる時に本当に自分なんて出てきますか???思考も行動も起こる際に自分なんてものは出てこないんです。全てが全てそうだから実際に確かめてみてください。こんな感じです。

苦しみ

金森さん曰く「人間の苦しみというのは自分が全部やっている」この勘違いから生まれているということです。本当に自分とやらがいるのか、、、先ずは確認をしましょうと。。。。すると、、、そんな存在は居ないわけです、、、そんな存在が居ないとなった時、、、神やブラフマン、ワンネス、マーヤとやらがそこにはありますか?????そんなものはないですよ、、、自分の代わりに大そうな何にかがあるのではなく、、ただ何も変わらない実感だけがそこにあります。言葉のお遊びから抜け出して事実に戻りましょう、これが金森さんのメッセージです。

トニー・パーソンズ

トニーの教えの特徴は、、完全な全体性、個人という概念を一切寄せ付けない無の表現に徹することです。そこにはトニーパーソンズという見かけ上の個人もほぼ登場せず、、ひたすらに無、全体の表現だけがここにあることを伝えます。真実ではこれしか起こっていない、、ここをひたすらに伝えるこのメッセージは寄り添いがないのです。これが見た目の上のトニーの真の優しさです、見た目上の彼の体から起こるメッセージはそこにブレがなくよって混乱する思考を一掃します。

トニーは個人の活動の全ては「夢」と表現します。トニーが経験した全ては夢です、、思考が作り出した夢です。夢ですから実際にはそれは起こっておらず、、そういうことが起こったという思考が後から起こっているのです。起こる認識の全てを個人が起こしたという発想が起こり続け、、それが夢なのです。実際にはただ認識だけが起こります、主体が一切存在しない認識だけが起こるのです。その後に私がそれを認識したという思考が起こりますがこれが夢です。

オープンシークレット

彼の教えの最大の特徴の一つそれがオープンシークレットです。公の秘密、、常に常にこの秘密は公開されているというメッセージ、、、まさにその通り、、、悟る前から全く同じこのシステムが起動していて悟ったという気づきの後も何も変わらずにこのシステムは動きます。その時、、あれ今までも全く同じように起動していたにも関わらずそのことに気づいていなかっただけだったのだ、、、という気づきが起こります。個人など最初から居なかったのだ、という気づきです。

完璧の違い

全てはここに尽きる

景気が悪くて、会社の業績が、家族不和で、、これらの状況に対する判断とは「本当はこうだったら、、、、」という大前提が基本にあります。もしくは本当はこうあれるのに、、という自由意志の失敗が基本にあるのです。これを我々は自我が芽生えた頃から死ぬまでやり続けていくのです。ところが事実はそうなってはおらず、、全ては自然現象、、、完全完璧な自然現象です。桜の花がどこで咲きどこで散るかに人間が関与できないように、、、全現象には個人は関与が出来ません。

自由意思こそが諸悪の根源

会社への愚痴は社長には自由意志があってその大前提の上に間違いが起こったと感じているからです。だからやり場のない怒りが起こるのです。ところが真実では誰一人自由意志はなく完全完璧な自然現象としてそれが起こっているのです。この構造的理解、科学的理解こそが苦しみからの解放の一番重要な点なのです。全部が完全完璧だった、、、この気づきです、、この気づきが真の癒しです。

社長の愚行

つまり社長の愚行がエスカレートしても放っておけと????????全く違います。社長の愚行を直すのは社員の仕事です、、徹底的に直せばいいのです。ですが社長の愚行が自然現象に過ぎないことに気づいてそれをやるのか、全く気づかずにやるのかによって意味が違うのです。社長への怒りは起こりません、だって自然現象ですから。下手に伸びた蔓をカットするのに怒りは必要ですか???????全く必要ないのです。

見た目上完璧だから

全部を手にした時

三年間準備して完全完璧なパートナーを手に入れた、完全完璧な職場に入れた、完全完璧な仕事のスタイルを手に入れた、、、その時真の絶望が襲ってきます。全く満たされないという現実が襲ってくるのです。この時、、どうしようもない、、真の八方塞がりです。何も文句をつけようもない、、だがイライラする満たされなくて。。。。。周囲も何も出来ない、、最も満たされるべき人間が満たされていないのです。

すべきことがない

解決すべき課題がないのです。願っていた全てが手に入ってしまったのですから。これ以上何を手に入れればいいのか???????だがこの不足感は間違いなく真実。客観的事実としても主観的事実としても、、満たすべきものがない時、、人は究極の絶望に落ちます。

悟るしかない

どこで気づくかなんです。どこで満たすという活動には終わりがなくむしろ絶望しかないことに気づくかです。その時に実は自由意志がなく自由感情もなく自由行動もない、、ただ完全完璧に自動運転で全てが起こっているだけという事実に戻りますと、、救われます。もう何も満たそうとしなくていいし、満たされないと不満を思わなくていいんです。もっとああすればこうすれば、、の罠を終わりにしていいのです。これが本当の幸福です。

自分に起きていなくても楽しい????

他人事?????

「昨日私にこんなことがあって楽しかったんですよ!!!」「昨日偶然友人と道で会って楽しかったんですよ!!」よくある話ですよね?????ですが事実では、、友人と会った自分は存在しません、100%存在しないんです。にも関わらず楽しかったんです。友人という存在も実は100%存在しません、、ですが楽しかったんです。意味不明ですよね?????実は見かけ上の友人と見かけ上の私が会いただ、、会話が起こったのです。ですが楽しいんです。

自分が居なくなったんではない

非二元のメッセージを学んだから自分が消えたんじゃないんです。そもそもに居なかったことに気づくのです。つまりそもそも誰も居なかったにも関わらず楽しい会話が起こり続けていたんです。そしてこれからも楽しい会話は続きます。いままでもこれからも全く個人は存在しませんが会えば楽しい会話が起こります。つまり楽しいに個人は必要ないのです。今まで居ないにも関わらず楽しい会話が起こっていたのですから当然です。

あなたが現実なのだ

ニサルガダッタ・マハラジ

「私は現実に到達したい」という訪問者に対してマハラジは「あなたが現実なのだ」と説明します。私が現実に到達するのではなく「あなた自体が現実なのだと」では現実と「私」という二つは存在しないのか??????しないのです。現実しか存在しません、、この現れ出る世界しか存在しません、、、そこにはそれを分かつ存在「自分」は存在せず、、それは思考に過ぎないのです。

この肉体はこの世界とは別

この肉体はこの世界とは別である、、そう信じる思考が起こり、、、その思考が起こらなければこの世界は完全に絶対の影であり、一つです。この体をこの肉体精神機構を別個と捉える思考が起こることで「私が現実に到達したい」という思考が起こるのです。ですからこの思考を叶えようとする動きは全て無駄に終わるのです。

個人的実体と悟りは共存できない

ニサルガダッタ・マハラジ

マハラジは「個人」と悟りは共存できないと説きます。霊的探究に成功してきたと自覚する女性に対して「あなたが成し遂げたその全てを失うことが悟りである」と説きます。主体の欠落、行為者の欠落こそが悟りです。ですから悟りを成し遂げた個人というのは不可能であり、、、多くの探究者はその矛盾に気づきません。では行為者が居ないにも関わらずなぜ勘違いを起こすことが可能なのでしょうか?????それはその思考を信じたからです。

どうやって信じるの??????

思考とはイメージです、、、思考がそのままに認識されればそのイメージが認識されます。そのイメージがまさに起こるのです。「私は悟りました」という言葉の認識はそのままにイメージ化されます。ただそれが起こっているのです。ですがそのイメージこそが苦しみを作り出しますから今まさに苦しんでいるのです。だからそれは悟りではない、、となります。

直感的認識

マハラジ曰く「そのことの直感的認識」が起こる時、、苦しみがなくなっていくと説きます。個人が成し遂げた、個人が成功した、、、それが苦しみを生み出す幻想に過ぎないことに気づいた時、、、苦しみがなくなります。それは誰に起こるのか???????誰にではなく、、ただ直感的認識として起こるのです。

時間

ニサルガダッタ・マハラジ

マハラジ曰く、、「我々は時間そのものである」移り変わるこの現象、、これこそが我々であり、、この移り変わる現象の中にそれとは異なった「私」が居るのではなく、、、移り変わるこの現象自体が我々です。ですからこの世界に時間があるのならば時間も我々です。移り変わる様子を時間と称すならば時間は我々です。逆に言えば時間を感じる「私」は存在しないのですから時間を感じることはできません。よって過去を感じ未来を感じることもできません。

真実を言い表す全ては観念である

ラメッシ・バルセカール

ラメッシ曰く「どの見かけ上の覚者が話す言葉も観念です。」言葉とはイメージを生み出します、、イメージは真実ではなく、、よって言葉によって作り出される全ては観念(イメージ)なのです。我々は覚者から放たれた観念(イメージ)を認識し、、誤解をイメージ上で解き放っていくのです。そして日々の生活の中で実感に落とし込んでいきます。

意識しかない

意識しかない、、これも観念です、、、「意識しかない」という言葉はそのイメージを起こしますから観念です。そしてそのことを実感することで、、シンプルになります。ALL THERE IS CONCIASNESS。CONCIASNESS IS ALL THERE IS。この言葉がラメッシから放たれた時それは観念でありイメージです。ですがこの言葉の中には「エゴ」が存在しません、よってこの言葉は機能する思考です。