見た目上完璧だから

全部を手にした時

三年間準備して完全完璧なパートナーを手に入れた、完全完璧な職場に入れた、完全完璧な仕事のスタイルを手に入れた、、、その時真の絶望が襲ってきます。全く満たされないという現実が襲ってくるのです。この時、、どうしようもない、、真の八方塞がりです。何も文句をつけようもない、、だがイライラする満たされなくて。。。。。周囲も何も出来ない、、最も満たされるべき人間が満たされていないのです。

すべきことがない

解決すべき課題がないのです。願っていた全てが手に入ってしまったのですから。これ以上何を手に入れればいいのか???????だがこの不足感は間違いなく真実。客観的事実としても主観的事実としても、、満たすべきものがない時、、人は究極の絶望に落ちます。

悟るしかない

どこで気づくかなんです。どこで満たすという活動には終わりがなくむしろ絶望しかないことに気づくかです。その時に実は自由意志がなく自由感情もなく自由行動もない、、ただ完全完璧に自動運転で全てが起こっているだけという事実に戻りますと、、救われます。もう何も満たそうとしなくていいし、満たされないと不満を思わなくていいんです。もっとああすればこうすれば、、の罠を終わりにしていいのです。これが本当の幸福です。

(Visited 12 times, 1 visits today)