悟りに人格や準備が一切関係ない理由

悟りに人格や風貌、容姿が関係していると説くのは自我の策略

悟りとは自分がいないという絶対的感覚のみであって自分という存在の人格、風貌、年齢、能力は一切関係ありません。いなくなる存在の人格、タレント性、風貌が悟りと関係しているとしたら理論として破綻しています。海であることを忘れた波が消滅しそこに海だけが在る状態が覚醒、解脱ですから波の形状、質、温度は何も関係アありません。あまりに多くの誤った情報が氾濫しているのは悟りも準備が必要、選ばれし者だけが悟れるといういかにもこの人間社会に蔓延ったビジネスライクな香りがプンプンする世界ならではです。自我は人間は悟りすらも自我の向上、進化に使ってしまうのです。こういう条件が揃えば幸福、至福に至るという考え方は、こういうエクササイズをすれば体型が変わるという考え方に似ています。そしてそのような理論は自我に好かれます。

これは個人のことではない

世の中の多くの情報は個人の幸福の話です。最新のファッションを取り入れると個人が魅力的になる、、最新の髪型にすると個人がモテる、、この香水をつけると個人が人気者になる、、、全て個人がいかに今よりも良くなるかの情報で溢れています。ところが今回の覚醒、解脱、ノンディアリティーはその個人がいない、錯覚、誤解だという内容のメッセージです。個人を相手にしないのです、読んでいる個人に向かってあなたの存在は錯覚で本当はいないと断言する内容です。そしてその内容の本を個人が読んで腹落ちさせるという意味がわからない内容なのです。ですが個人と思い込んでいる存在は個人ではありませんからその内容を読んでも何も違和感はないのです。最初から読書する個人(波)は存在していなかったのです。個人に見える全体がその本を読んだというだけです。

それでも個人はいない

ガリレオはそれでも「地球は回っている」という言葉を残して裁判で負けたと言われています。これは今回の話と同じ、、この地球上で個人はいないんですよと大声で叫んでも賛同してくれる人はほぼいないでしょう。ですからこのことが議論になっても圧倒的多数決で負けるはずです。ですがやっぱり「それでも個人はいない」これが本当です。その証拠に個人がいるという証明は実質的にできないはずです。

(Visited 73 times, 1 visits today)