夢の登場人物全てを支配する存在

あなたが夢を見ているときに登場人物が発する言葉の全てはあなたが決められている

夢とは?自分自身が見る夢の中にはたくさんの登場人物が出てくると思いますがその中での登場人物が発する言葉、行動の全てはあなた自身が決めているはずです。そこには主人公がいて、それにまつわるあらゆる配役の人々がいるはずです。主人公が発する言葉、行動、配役の発する言葉、行動全てをあなた自身が決めやりとりが延々と継続します。そしてあなたが夢から覚めたときにあなたが創造した夢も終わります。

この世もまさにその夢、存在が創造した夢

この世、現実と呼ばれる世界もあなたが毎晩のように見る夢と全く同じ構造でできています。主人公が思考する内容、言葉、行動の全てをあなた自身が決めているように、、、この現実社会でのあなたの行動、発言全てはこの世の創造主が決めているのです、そしてあなたの周囲にいる配役の人々、恋人、友人、同僚、両親、子供の発言、行動の全てを創造主が決めています。ではその創造主とはどこにいるのでしょうか。あなたが毎晩夢を見ているときあなたがその夢の中にはいないように、創造主もこの世にはいません。ですがその夢を見ているあなたこそが夢そのものであるように、この世は創造主そのものでありその創造主が今もまさにこの世(夢)を見ています。あなたを通じて。

あなたが見る夢に正義が不在のように、、この世にも正義は存在しない

あなたが毎晩見る夢に本当の正義は存在するのでしょうか。しないはずです、なぜならば正義とは何かが一方的に正しいという概念であり、そのような概念は夢の中では全くの無意味です。そしてそれはこの世にも全く同じように言えます。この世が存在があなたを通じて見ている夢である以上正義などは存在しないのです。あるとすれば正義と呼ばれる幻想がただあるだけです。

有名人の自殺に思うこと

有名俳優、有名女優の自殺について

コロナに入り有名人の自殺がニュースになりました。名実共に評価を受けるような役者さん、女優さんの自殺は一体なぜ起きるのでしょうか。顔も良く、スタイルもよく、かつ収入も良いといった世間的には全てが勝ちゲームの状態でなぜ有名人は死を選ぶのでしょうか。この事実に自我はどう答えを出すのでしょうか。自我は常に不足、欠乏で欲求が起こります。自分がこんな小さな体一つで体以外の世界は全て自分以外。とてつもない小さな自分と、とてつもなく大きな自分以外、、これで自我は孤独、欠乏という感情を生み続けるマシーンになります。本当は存在そのもの、神そのもの、が自我というこの体の中こそが自分というメカニズムに乗っ取られてしまった結果強烈な無価値観に苛まされてしまうわけです。結果地位も名誉もより良きパートナーも、子孫も、見た目も全部欲しいという欲しい欲しいマシーンになっていきます。

最初から諦めて絶望と共に生きていくか、チャレンジを繰り返し最後に絶望をするかの二択

人生には二択が用意されています。最初から人生を諦めてこんなものだと絶望して生きていく生き方と、あらゆるチャレンジを繰り返し、地位や名誉、収入を手に入れながらもやっぱり何も永遠に満たされることはないと最後に絶望するかです。どちらも最後は絶望というところが同じです、つまり自我のプログラムが起動している状態で永続する満足を手に入れるのは不可能ということです。ですからそのことを若くに悟り何も目指さないと決め込むか、徹底的にチャレンジし自我が欲する欲望を満たし続け最後に疲れ果てるかの二択が用意されています。亡くなってしまった有名人は私からすれば後者になります。

もう一つの選択肢、夢から覚めてしまう

そして最後の選択肢があります。それがこの世、夢から覚めてしまうということです。今見ている夢から覚めてしまえば絶望感を味わないですみます、そしてこの夢から覚めるのは誰か、それは人間活動を行っている自我ではありません。存在がこの夢、自我を通じて見ている夢から覚めるということです。渇望ゲーム、不足ゲーム、快不快ゲーム、刺激退屈ゲームであるこの夢から覚めてしまうということです。これで絶望を味わなくて済みます。

これは情報や知識ではない

知識とは自我がより快適に存続するためのもの

本屋に行けばあらゆる情報、知識がありますがこれらは全て自我が快適に存続していくためのノウハウ本です。就職のための知識、婚活のための知識、お金儲けのための知識、、、全て人間としての存続をより確かなものにするための知識なのです。ところがこのブログでお伝えする内容はその自我こそが錯覚、幻想、嘘だという内容のものです。そしてこの自我が存続するための世界もまた夢の世界という内容です。

より知識を得ていけばより自我が強化されていく

自我とは思考を自分のものと捉えるプラグラムです。知識を得ていけばその知識でもって思考が強化されていきますから自我が強固になっていきます。自我が強固になっていけば自我があるという錯覚も強化されていきますから夢に没入していくことになります。夢に没入すればするほどにジェットコースターも強化されていきますから人生から苦しみは絶えなくなっていくわけです。

情報や知識ではないこのブログは一体何なのか

自我ゲーム、人間ゲームの最大の醍醐味はこの世が夢だったということに気づくことです。この世のアトラクションゲームよりもこの世が幻想、夢だったということに気づくことこそが存在の感動です。存在はこの感動を得るためにこのゲームの夢からいつか覚めるわけです。怖い夢から覚めた時の安心感を人間が体感するように存在もこの夢から覚めて感動します。このブログは人間ゲームに苦しんだ自我が読むことでその奥にある存在が目を覚ますように書いています。

輪廻転生は自我の延命アイデア

輪廻転生から外れる、夢から覚める

輪廻転生、ハイアーセルフ、アセンデッドマスター、、、これらのアイデアは自我が自我としてあり続けるためのアイデアの一つです。分離ゲーム、人間ゲームを継続させるためにあらゆる設定が加えられていきます。死んだ後も輪廻は続く、そして卒業したら次のステージ、ハイアーセルフのステージがある、全て自我の延命、自我が自我としてあり続けることを可能にするためのアイデアです。

本当はこの夢だけがあり、夢が覚めればただ存在だけがある

自我があり、この体は自分自身だという壮大なギャグ、錯覚が抜け落ちれば、、そこには時間も空間もなく存在だけが残ります。輪廻転生もハイアーセルフも、アセンデッドマスターもギャグをより詳細に詰めたものでありそのディテールの細かさはアメージングとしか言いようがありません。この分離ゲームをいかに夢から覚めずに続けていけるか、ディズニーランドのアトラクションのようにそれはそれは凝った作りになっているのがこの人間ゲーム、分離ゲームの凄さです。

この夢の中では至福には至れない

夢が夢であり続けるためには主人公が至福に至り存在が夢から覚めてしまっては困るわけです。ですからこの夢では主人公に次から次に事件が起こり、良いこともあれば悪いこと、快適なことがあれば不快なこと、人気者であれば不人気者の時期があるのです。しっかりと相対の事件が起こり続けていくのです。ですから主人公にとってはたまったもんじゃありません、絶対に至福は訪れない、、延々にジェットコースターのこの世界から離れることはできないのです。夢から覚める以外は。

明晰夢とは

夢の途中でこれが夢であると気づくこと

明晰夢という言葉があります。これは夢を見ている最中にこれが夢だと気づくことです。この感覚をこの人間ゲームの最中に気づくこと。これが悟り、目覚め、一瞥体験です。そしてそれに気づくのは誰か、それはこの夢の主人公ではありません、夢を創造している存在、つまり本当の自分、我あり、です。

無我夢中の時、それでも意識があるのはなぜ?

無我夢中の状態、ゲームに没頭する、仕事に没頭する、映画に没頭する、、、このような状態にいる時意識はなくなっているでしょうか、無くなっているわけがありません。むしろ明晰、むしろ鋭敏な状態。決して朦朧ではなく意識そのものです。無我夢中なのに意識があるのはなぜでしょうか、無我なのだから自分はいないのになぜ意識はあるのか?それは自我こそが後付け、自我こそが錯覚、無意識状態だからです。自我がなくなればそこには意識だけが残るのです。この意識そのものの感覚を思い出すことこそが神、ワンネス、大いなる一つの状態です。至福の状態です。この感覚を思い出したならばこの意識で日々を送ることです、これがワンネスがこの夢を夢と理解した状態での生活、つまり明晰夢です。

何かに集中できる人はその瞬間神になっている

マイケルジョーダンが試合中に神になったとよく形容されますがこれは実は本当です。神がかったプレーと称されるその瞬間、実はそこには自我が消えていて無我だけが残ります。自我の勘違いが抜け落ちそこにが無我、神が残っています。神が意識が直接人間を動かしているのです。自我が払い退けられて状態、この状態を人はゾーンに入ると言いますがそのゾーンは意識の状態です。無意識ではなく意識しかない状態、自我が自分でプレーしているという勘違いをしていない状態です。この瞬間に意識的に入れる人は達人、仙人、悟り人、マスターと呼ばれます。神が人間ゲームを遊んでいる状態です。

結果を求めるのではなく結果が出るぐらいに行為に没入する

結果とはどのぐらい無我になれたかの結果発表ぐらいに思っていればいい

多くの方は結果を求めそこに対していかに要領よくそこに至るかに頭を使います、地頭が良い人ほど要領よく世の中を渡っていくことになります。ですがこれではタスクをただ速やかに処理しただけ、そこに無我になれる余地はありません。それに対し達人はこのタスクを無我に入るための機会、チャンスに利用します。達人は全てのタスクを無我に入るための道具にします。だから達人はいつも機嫌が良い、いつも至福を感じて入れるのです。達人にはやらなくてはならないタスクはなく、全てが無我に入るためのチャンスになるのです。

何をしても満足できないのは無我に入れていないから

会社で昇級したのに、良い条件で家を購入できたのに、びっくりするような金額を手に入れることができたのに、、何を達成しても満足できないのは自我の働きです。自我が蔓延っていて不足を生み続けているのです。自我とは分離意識です、大いなる存在から分離した感覚これが自我です。この自我意識が強烈な状態で至福に至ることはありません、全ては一時的な快楽でしかないのです。ですから何を達成しても満足できない、快楽ジャンキーになってしまうのです。人間が唯一至福に至れるのは人間であることを忘れる以外にありません、そもそもの人間という設定を忘れときだけ至福に入れます。無我夢中になれたときだけが至福の状態であり、自分が成し遂げた、自分は金持ちだ、自分は人気者だ、自分は成功者だと自分を感じている間は至福から遠ざかり快楽ジャンキーに戻っています。

人間=快楽、苦悩の狭間を動くメカニズム

人間として至福に至る、人間として悟りを開く、人間として神になる、、、これは無理ゲーです。なぜならばこの自分は人間であるという感覚こそが不足感、欠乏感を生み出しているからです。人間として至福に至るというのは矛盾しかないのです。ですから我々人間は先ずは無我夢中になることを見つけそこから無我、至福、悟りに至る癖付けをする必要があるのです。これが茶道、剣道、合気道、弓道といいった日本古来からある道教の真髄です。勝った負けたはこの真髄に比べればデザート以下の存在です。

今から悟りに入る

悟りに入るのは今

悟りとは今入るものであって将来入るものではありません。悟りとは今入るのです。多く方はいつか準備ができたら、期が熟したら悟りに入るものと思いますがそうではありません。今しか悟りに入れないのです。そもそも時間とは幻想です、この時間という幻想から抜け出すには今悟りに入るしかないのです。茶道では今ここに集中できるかを問います。要領良く手際良く茶道を極めるといった話を聞いたことがありません、茶道に入り込む、その世界に今この瞬間に入るということが重要になります。

時間と空間というこの幻想、夢の世界から今抜け出す

人間が生きているこの時間と空間の世界は幻想です。そしてそこから抜け出すには自分というこの概念も幻想であるということを見抜く他ありません。ですがそれをどう見抜くのか、それが今に没入することです、今に生きることです、今の行為に無我になることです、今の仕事に無我夢中になることです。無我になれば自我は消えてなくなります、そして無我の感覚、つまりワンネス、大いなる一つの感覚を体感する以外に道はありません。

時間も空間も幻想ならばなぜ存在するのか

なぜこの時間、空間は存在するのか?それは存在の遊びです、リーラです。存在が分離体験を楽しんでいるのです、それ以上もそれ以下もありません。そしてこの分離体験は人間にとっては非常に苦しいのです、ですからこの分離体験から目覚めること。この時間と空間が夢であることに目覚めること、これが苦しみから逃れる唯一の方法になります。そのために人間ができること、それが今に入り込む、行為に没入し無我に入り、無我の感覚、境地に触れる他ないのです。1日にいかに多くこの無我に入り込めるかがこの夢から覚めれるかになります。