意識は無意識に依存する

意識が在る理由

意識は常に常にあります、熟睡時以外に意織がないという状況は一切ありません。ではこの意織なで存在できるのでしょうか?なぜ意識があることを認識できているのでしょうか?意識があることに疑いを持たないでいれる理由はなんですか?「意識」は「意織」に気づくことはできません、なぜならば意織そのものは自身の存在にだけは気づけないからです。では何が「意織」に気づいているのでしょうか????「無意識」です。無意識しか「意織」の存在を認識できないのです。

絶対

意識を意織たらしめている存在こそが「絶対」つまり「無意織」です。無意織ですがこの存在なくして「意織」は存在しえない、、意識があるという自覚は起こりようがないのです。意識こそが絶対の存在を証明するのです。意識こそが無意識である絶対の存在を露わにします。意識は常に常にある、、つまり無意識である絶対も常に常に在るのです、いまここに。

(Visited 5 times, 1 visits today)