あなたが現実なのだ

ニサルガダッタ・マハラジ

「私は現実に到達したい」という訪問者に対してマハラジは「あなたが現実なのだ」と説明します。私が現実に到達するのではなく「あなた自体が現実なのだと」では現実と「私」という二つは存在しないのか??????しないのです。現実しか存在しません、、この現れ出る世界しか存在しません、、、そこにはそれを分かつ存在「自分」は存在せず、、それは思考に過ぎないのです。

この肉体はこの世界とは別

この肉体はこの世界とは別である、、そう信じる思考が起こり、、、その思考が起こらなければこの世界は完全に絶対の影であり、一つです。この体をこの肉体精神機構を別個と捉える思考が起こることで「私が現実に到達したい」という思考が起こるのです。ですからこの思考を叶えようとする動きは全て無駄に終わるのです。

(Visited 7 times, 1 visits today)