観念書き換えによって変化する神体験

この世界は小さな神体験場

観念書き換え、引き寄せの法則、創造の法則、苫米地式コーチング、、この幻想の世界が変幻自在に実は変わることを説く理論は数多あります。そして多くの場合は誤解されながらも言っていることは同じです。価値観、観念がこのたった一つのエネルギーを分離独立させ物理現象化させています。我々は生まれてこのかた脳内映像以外を見たことがありませんし、脳を抜きにした香り、食感、味、嗅りを感じたことがありません。つまり我々は脳が作り出した感覚の中でしか生きたことがないのです。脳がどう感じるかを決めています、事実はそうなっています。その脳内のプログラミング言語こそが価値観です。プログラミング言語が変化すれば感覚は全部か変わっていきます。

味噌汁を美味しいと感じるのは日本人だけ

信じられない話ですが味噌汁を美味しいと感じるのは日本人だけです。海外の方が味噌汁を飲むと塩っぱいお湯に感じるようです。日本人は味噌汁の香り、奥深さ、安心感を飲むことで感じますがそれは日本人の脳が作り出したものです。ですが日本人には非常に美味しく感じるという事実があります。いかに脳の価値観が全部を変えてしまうかの証明です。毎日飲む味噌汁に月1万円の価値を感じるか、、ただの塩っぱいお湯と感じるかの違いが、、、、全部に当てはまると思うと、、、この世に決まった確定事実は一切なく、、、価値観、観念がこの世界を構築していることが分かるはずです。

美人の定義が世界中で違う

男性ならば美人を目の前にすれば心拍数が上がり脳内ホルモンが噴出する、、、当然のことです。ですが世界中で美人の定義が全く違うことからも分かるようにこれは本能だけでは片付きません。先ず大前提に価値観、観念がありそれが「美人」を決めている、、そこから脳内ホルモン、心拍数の変化が起きる、、、究極の欲求の部分でも価値観、観念が確実に関係している証拠です。美人のために億単位の用意をして求婚する、、、しかしの美人とは観念によって全く異なってしまう、、、、人間は自身の生体反応を確信していますがそれも観念が作り出しているのです。これは神による小さな神体験です。

(Visited 3 times, 1 visits today)

SNSでもご購読できます。