土台から崩す

ルールが苦悩を生む

働かなくてはいけない、裏切ってもいけない、家族大切にしなくてはいけない、年に一度は挨拶しないといけない、、、、全部全部この世界に苦しみをもたらす「ルール」です。宇宙にはルールは存在せず、よってルールは苦しみを生じます。ですがこのルールがどう実際に苦しみを作り出しているかを細かく吟味し修正するのは不可能です。どのようなルールがプログラムされているかすら分からないのですから。

事実を知る

このルールの土台には「無知」があります。真実ではない思い込みがここには隠されています。この土台を崩します。土台が崩れればルールも壊れるのです。なぜならばルールを適用することが構造上出来なくなるからです。ではそのルールを根本から崩す事実をお伝えします。それが全ては存在であるということです。全てです。存在しか存在しません、、、、存在以外の何かは存在しないのです。私、あなた、テーブル、コップ、全て存在しません。

わたし

私も存在しないのですか?????存在以外は何も存在しません、、、、私は存在が作り出した感覚、言葉でしかありません。原材料は存在です。コップもテーブルも全て原材料は存在ですから、、本当は存在なのです。もしも「わたし」「あなた」「コップ」が存在しているように見えたとしたら、、そう見えるという経験を存在が作り出したのです。

つまり

つまりこの世界はどこまでいっても存在しか存在せずその中であらゆるドラマが存在を通じて作り出されているだけなのです。だからここは夢であり、、この夢も存在のアートです。そのことが明確に分かってきますと、、「深刻に捉える」という「存在のアート」が起こらなくなっていきます。だって何も起こっていないことが分っちゃうからです。深刻に捉えるというアートが起こるには、、これが夢ではなく現実だという誤認が必要になるからです。

(Visited 6 times, 1 visits today)