「自分が居る」という神思考

私は居るよ

今もここには「私が居る」という確固たる感覚がありますが、、その感覚こそが神のアートです。強烈に寂しい時そこには「私」を感じますがそれこそが神の神による神のアートです。孤独、苦しみ、疎外感、分離感、焦燥感、全てが神のアートです。その全ては神が作り出した神の表現です。だからどこを見渡しても「私」は存在せず、、、どこを見渡しても神しか居ません。究極の孤独のど真ん中で、、「私」を探しても神しか出てきません。神しか存在しなと分かった時、、ん???????孤独ってなんだ??????という気づきが起こるのです。

絶望

お金を失い、職を失い、家族を失い、全部を失ったその時湧いてくる感情「絶望」この絶望の感情も神のアートです。「何もかも失った自分」という思考、、、これも神のアートです。全部を失い、、何も残っていない状況、、これも神のアートです。神のアートとは神そのものであり、、、つまり全ては今神です。全部を失った状況、、という神があって、、、、「何もかも失った自分」という神の思考があります。つまり神しかないのです。

全てを手に入れても

全てを手に入れても全てを失っても神しか存在しないのです。。。。。。ん?????????何これ??????状況が変わり続けていると信じてきたけど、、、結局神しか存在してないじゃん!!!神しか存在していないのに俺は何をやっているんだろう????????という思考という神が現れた時、、、、「思考の嵐が止む」という状況「神」が現れます。本当に本当に神しか起こっておらず、、だから分離もなく、、神のみです。

(Visited 7 times, 1 visits today)